2017年10月21日土曜日

専門知識を駆使して

お面のコレクションが地味に増えてきました。

同じお面のように見えますが、詳しい人はいろいろなことが語れるようです。


さて、前回お知らせしたように、女装風味マスクの製作を再開しています。

上図の真ん中の枠の型紙までできたので、枠を作り始めます。


枠の材料として、飲料の容器やブリスターパックなどに使われているPET樹脂の板を探していたのですが、私のような一般人が気軽に買えるようなものではなさそうなので

市販のプラ版を使うことにしました。

市販のプラ板に型紙を使って線を引きます。

切り出し

枠のアップ:きれいに切れていません(涙

この枠を上図のように組み立てると

枠の完成です。


ところで、上記の枠に使ったプラ板は透明ではないものですが、実際に「製品」となるものには透明のプラ板を使おうと考えています。レースの中に白い枠が見えたら100年の恋が一気に冷めますからね。

ただし、透明でないプラ板と透明なプラ板って材料が同じでも違う物といえるので専門知識を駆使しながら取り掛かりたいと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿